カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

5/28-6/2、6/29-7/4は宮古島出張のため発送作業をお休みさせていただきます。ご不便おかけしますが、よろしくお願いしますm(__)m

個性的なインクルージョンとエネルギーで人気のガネーシュヒマール産水晶や氷が結晶したような透明度が美しいマカルー産水晶といったヒマラヤ水晶、手書きのマンダラなどを店主が海外で直接ひとつひとつみながら買い付けています。美しい天然石やマンダラたちをたのしんでくださいね(〃▽〃)ノ

石の使い方(2) ブレスレット

石の使い方(1)もみてね(*Ü*)

石の使い方として一番ポピュラーなのはやはりアクセサリーでしょう。

今回はブレスレットから書いてゆきます。
ブレスレット
ガネーシュヒマール 水晶 ブレスレット ヒマラヤ
こんなやつね(*Ü*)ﻌﻌﻌ♥

こういったタイプのブレスレットは石が直接肌にふれること、自分の目に入りやすいということで石の効果を発揮しやすく、また実感しやすいと思います。

一種類の石を一連にしてもいいですし、複数の種類の石を組み合わせてもいいでしょう。
石にも相性があるので、複数の種類の石を組み合わせるときは相性のいいものを選んでください。

また、目的によって(金運用と恋愛用とか。リーダーシップ用とリラックス用とか)必要なエネルギーが違います。
そういった場合は大抵石のエネルギー的な相性も良くないことが多いので、いくつか目的がある場合は目的別に複数作って状況によって使い分けることをおすすめします。

ブレスレットには硬度の違う石を保護したりサイズ調整をするために金属のパーツを使うことがあります。その場合も石のエネルギーにあった金属を使うことをお勧めします。

また、ブレスレットは、水に強い石を使っていてもパーツやつないでいるゴムが水で劣化しやすいので、お風呂や水仕事の時は外すようにしてくださいね。

人の腕はエネルギー的に左右それぞれ違う働きをしています。
一般的に
左手がエネルギーの吸収
右手がエネルギーの放出
(※たまに逆のひともいます)

がねちゃん,整体,スタンプ
その法則は整体にも応用しています。

ブレスレットを付ける時も、これを利用します。
つまり、
外部に向けた効果を出したいとき(あるいはそういう石)は右に。
内面の効果をを出したいときや、外からのエネルギーをガードしたい場合(あるいはそういう石)は左に。
つけることでエネルギーが効率的に回ります。

例えば、
仕事やリーダーシップ、男性性に関わるときは右腕
癒しや瞑想、女性性に関わるときやお守りは左腕

につけることで効果的にエネルギーを使えます。

微妙なラインの場合はひとによって違う場合があるので、実際につけてみて気持ちのいい方を選んでください。

わからない場合は左腕が一般的です。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100017560&eid=141