カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

10/5-9は京都ミネラルショー出張、10/31〜11/13はネパール買い付けのため発送作業をお休みさせていただきます。ご不便おかけしますがよろしくお願いします。

個性的なインクルージョンとエネルギーで人気のガネーシュヒマール産水晶や氷が結晶したような透明度が美しいマカルー産水晶といったヒマラヤ水晶、手書きのマンダラなどを店主が海外で直接ひとつひとつみながら買い付けています。美しい天然石やマンダラたちをたのしんでくださいね(〃▽〃)ノ

ガネーシャ誕生

それでは、がねさま一家も一通り紹介しましたので、お話のほうも書いていくことにします。

まずはがねさま誕生のおはなし。

ガネーシャ
ガネーシャさまの両親はシヴァさまとパールヴァーティさま。

シヴァさまの留守中に子供がほしいと思ったパールヴァーティさま。子供を作ることにしました。

お風呂を沸かし、体をごしごし洗って、出てきた垢をまとめ、かわいい男の子の形を作って命を吹き込みました。<日本にもこんな話ありましたね。

神様はこういうとき、なんでもできて便利ですイシシッ

そう、この時点では、ガネーシャさまは普通のかわいい男の子だったのです♪

かわいい息子を作ってご満悦のパールヴァーティさまは、はじめてのおつかい(おてつだい?)として、入浴中、誰も入ってこないように見張りを言いつけました。

とっても賢いので、言いつけどおりお風呂を見張る子供ガネーシャさま。

そこに帰ってきたのは、ダンナのシヴァさま。

シヴァ、パールヴァーティ夫妻は、ヒンドゥ神話随一のおしどり夫婦で、くっつきすぎてホントにくっついちゃったりするほど・・・
シヴァ、パールヴァティ

シヴァさまは早速お風呂に入っているパールヴァーティさまのところへいこうとしましたダッシュ

ところが、知らない子供が風呂の前でがんばっていてシヴァさまを通そうとしませんけんか

そう。パールヴァーティさまが一人のときにつくったので、この父子はお互いの存在を知らなかったのです。

最高神たる自分に逆らう知らないガキにブチ切れたシヴァさま。

ガネーシャさまの首を切り落としてしまいました。

大人気ないにもほどがありますがっかり

その惨状を見たパールヴァーティさまの悲しみと怒りはそれはそれは深いものでした・・・

ここで思い出してください → http://www.ganetei.jp/hpgen/HPB/entries/209.html

パールヴァーティさまは戦争の女神、果ては殺戮の女神でさえあります惨殺

さすがのシヴァさまも、自分がヒジョーにヤバいことをしてしまったことに気づきましたうがっ

カーリー

↑現にキレた奥方に踏んづけられた経験のあるシヴァさま

「わ・・・わかった・・・・・次にここを通ったヤツの首をつけるから・・・」

シヴァさまも焦っていたのでしょう。通った人または神という表現を使わずに通ったヤツと言っちゃった汗

そして、次にそこを通ったのは運の悪い一頭のゾウさん・・・・

ゾウ

シヴァさまはそのゾウの首を切り落としてガネーシャさまの体につなげ、生き返ったガネーシャさまはそれ以来ゾウの頭になりました。

そこまでの能力があるのなら、ナゼ切り落とした元の首をつなげてやれないんでしょうか・・・

まぁ、みんなに愛されるゾウの頭となったおかげなのか、ヒンドゥでは一番人気のある神様でもあります。

ゾウの力強さにあやかってでしょうか。

ガネーシャには障害除去者の名もあり、商売をはもちろん、物事を始めるときには必ずガネーシャさまにお祈りをすることになっています。

よく考えると、日本神話のカグツチの話 とダブる部分もあったりして、どこの国でも父親と息子というのはこういうものなのかもしれませんねぇ・・・あせ

どこの神話もエディプスコンプレックス の概念が盛り込まれているのかなぁ・・・

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100017560&eid=215

ページトップへ